1. TOPページへ >> 求人案件

ナースバンクの求人案件はどうなの!?

→看護師求人サイトランキングはコチラ!

ナースバンクの求人案件について具体的に見てみましょう。民間の転職斡旋サイトと機能の比較などもしてみます。ここではまず、包括的なネット上にあるeナースセンターにある求人案件についてみてみましょう。

eナースセンターでは、登録者は、求職者と施設に別れています。登録は職業安定法、看護師等の人材確保の促進に関する法律に則って行われています。施設の説明は省きます。求職者は氏名・住所など個人情報を記入し、そのほかに、専門資格の有無、キャリアの長さ、役のあるなし、希望の勤務形態や給与などを入力します。512文字のフリーワード入力もできます。 eナースセンターの求人案件表示ですごいのは、入力した複雑な個人の希望にマッチングした案件をすぐに表示してくれることです。休職求人は更新しなければ6ヶ月間有効に機能しますが、その間にマッチングした求人を何度でも紹介してくれます。

マッチングした求人は、MYページに表示されます。メールの登録があるので、マイページに新しい求人が追加された場合には、RSSニュースフィードのように更新情報の連絡も可能かもしれません。もちろん条件を変えての再検索も可能で、MYページでの更新を待っているだけでなく、求人案件を能動的に検索することも十分可能です。民間の求人の場合、非公開求人が多く、非公開はサイト登録者やエージェントのみが握っていることが多いです。また、エージェントを介するサイトは頻繁に電話がかかってきます。交渉をして任せられる気持ちがあると非常に便利で手堅いです。また、民間のサイトは求職施設の情報が多いために、情報の透明度が高いという利点もあります。民間求人の特徴として、病院や診療所以外の工場・事業所として分類される企業の情報のバリエーションと職域が多いことも特徴です。ホテルや製薬会社、治験を行う施設もあります。公的求人ではこういった施設が名前と住所しかわからないので、有名ではないが優れた企業の案件を見落としてしまう可能性があります。

地方自治体のナースバンクに直接赴く場合は、求人案件と並んで自分の希望やさまざまな相談を相談員にしてゆくことをお勧めします。特にブランクのある再就職や新卒で先のことがいろいろとわからない場合に、公平な観点から同業者としてアドバイスをいただくことができます。民間の転職斡旋サイトを利用する場合には、エージェントに対して初めて会った人でも身内だと思って何でも積極的に自分の話しをしてエージェントを味方に引き入れることが肝心です。エージェントを見方にすることが転職を成功させる秘訣なのです。

民間の看護師転職サイトならココがオススメ!

会社名 公式サイト
株式会社マイナビ 詳細・申込みはこちら
会社名 公式サイト
株式会社エス・エム・エス 詳細・申込みはこちら
ナース人材バンク
会社名 公式サイト
ディップ株式会社 詳細・申込みはこちら
▲このページの先頭へ戻る