1. TOPページへ >> 民間転職サービス

民間の転職サービスはどこがすごいのか!?

→看護師求人サイトランキングはコチラ!

日本看護協会の行うeナースセンターと民間の転職斡旋サービスを比較した場合、民間の転職斡旋サービスにはどういった優れた点があるのでしょうか?日本看護協会のeナースセンターは、登録制です。登録制とはどんな施設でも求職者でも登録できてしまいます。仕事をするときに、必要以上の責任追及やアラ探しはそれ自体が業務に多大なマイナス効果をもたらすことも少なくありません。問題のない施設や職員に疑問を呈することは風評被害でありパワハラです。しかし、よくない組織や職員がいる場合もあります。やめてもすぐに公共斡旋で次の職員の紹介をまてばいい・・・・・気分で仕事を辞めてブランクにしたりすればいい・・・<よくない>という評価は難しく、上司や看護師個人でなく、組織が悪いこともあります。しかし組織改革と職業選択の自由から離職は同価値とされる以上、転職斡旋サービスをマッシュアップしようとする動きは自然です。

そういった課題は資金力である程度解決できることもあります。民間の転職斡旋サイトはなぜ費用を払ってまで特別な求人を出すのでしょう?それは事前に求職者の適正をできるだけ見極めて、よりよい人材を獲得しようとするからです。民間求人の安くない出稿費用を出せるということは、志が高かったり誇れる何かがある施設であり、求職者の高いモチベーションを必要としています。

転職斡旋サービスにはそれを補うさまざまな施策があります。たとえばコンテンツの充実です。求人案件に対して転職サイトはクライエントという立場に立つ以上、お客様扱いがあるのは事実です。しかし求職者による評価が例えば公的研修施設で出回ればどうなるでしょう?その為に、転職斡旋サービスは施設に対しても独自の分析をしています。コンテンツで特に違うのは設備のきれいさや立地条件、看護基準の記述があります。看護基準とは厚生労働省の指針に沿って看護師の比率を適切に配置しているかを示しています。こういった点は民間の転職斡旋サービスを利用しなければわかりません。

また、サービスによっては求人先の情報を徹底的に紹介するところもあります。例えばとらばーゆ求人は、東京大阪名古屋という大都市のみですが、サイトコンテンツはまるで雑誌のレポートのようなしっかりした調査をしています。仕事仲間となる人の顔も見えるのです。また、ベネッセお仕事サポートなどは、転職という観点から相談に乗ってくれる親身な相談員のようなエージェントがいます。マイナビ転職などの最大級サイトでは、公的統計とは違った看護師統計の実情がわかるのではないでしょうか。離島の求人を集めているところや、振興サイトには支度金や祝い金などで金銭的な支援を行うところもあります。看護師長、主任以外の役付求人があるのも特徴です。転職をする場合、民間の求人をひとつは登録しておいたほうがいいでしょう。

民間の看護師転職サイトならココがオススメ!

会社名 公式サイト
株式会社マイナビ 詳細・申込みはこちら
会社名 公式サイト
株式会社エス・エム・エス 詳細・申込みはこちら
ナース人材バンク
会社名 公式サイト
ディップ株式会社 詳細・申込みはこちら
▲このページの先頭へ戻る