1. TOPページへ >> ナースバンク栃木

ナースバンク栃木とは!?

→看護師求人サイトランキングはコチラ!

日本の看護師の代表団体である日本看護協会は、地方支部と一体となった組織です。地方支部は各都道府県にあり、協会に加盟する看護師は同時に地方支部に所属します。ナースバンクとは、各地方看護協会の中にある看護師のための人材育成機関で、看護師の登録やスキルアップ研修のほかに、転職斡旋サービスを行っています。ナースバンクとは通称名で地方によってナースセンターなどとも言い、ナースバンクは加盟していない看護師でも利用できます。日本看護協会の転職斡旋サービスはネット上ではeナースセンターがありますが、地方支部はリアル店舗の地域のセンターで、転職にあたっての相談員と話ができ、より詳しい求人票を見られる場合もあります。

ここではナースバンク栃木の前に都道府県看護協会を見てみます。栃木県看護協会の組織率はあまり高くなく1/3程度です(平成24年現在)。組織率の高い都道府県看護協会は、入会金が低い傾向にありますが、 栃木看護協会は10,000円/年となっており低めです。他の都道府県からの転入で20000円必要です。各地の看護協会には公益法人格を有する協会がありますが、栃木県看護協会は、公益社団法人です。

日本看護協会には有力な民間資格として、専門科のスペシャリストを養成する専門職看護師(CNS)、指導者養成の認定看護師(CN)、認定看護管理者(CN)があります。CN資格認定プロセスは、3つのレベルに分かれ、栃木県看護協会は、セカンドレベルです。県内には、専門職看護師(CNS)が7人、指導者養成の認定看護師(CN)が108人、認定看護管理者(CN)が21人います(平成24年)。これは全国的に見てやや低く看護職の専門化が進んでいません。また、全国の看護協会では、訪問看護の積極的な導入を進めていますが、栃木県でも訪問看護ステーション・居宅サービスを設け積極的な取り組みが行われています。訪問看護師支援事業は、ナースバンクの中に設けられていることがあります。栃木ではナースバンクの中に訪問看護支援事業があります。ナースバンクには、「看護の心」事業もあります。栃木県では看護師の離職率対策としてワークライフバランスにも取り組んでいますので注目する必要があります。栃木県には、ナースバンクの支援事業として、悩めるナースの応援テレフォンがあります。

栃木は民間の転職サイトにあまり求人がありません。栃木の民間転職サイトの求人が多いのは、マイナビ看護師やナースのお仕事などの一部に限られています。その為、転職活動を行うことになった場合、現状では栃木看護協会のナースセンターを利用することになるでしょう。ナースセンターの転職斡旋事業は、協会加入看護師以外でも利用することができます。ただし、民間の転職サイトには、日本看護協会とは違った観点からの統計データなどのコンテンツや、紹介病院の詳しい調査があります。登録する価値はあります。

民間の看護師転職サイトならココがオススメ!

会社名 公式サイト
株式会社マイナビ 詳細・申込みはこちら
会社名 公式サイト
株式会社エス・エム・エス 詳細・申込みはこちら
ナース人材バンク
会社名 公式サイト
ディップ株式会社 詳細・申込みはこちら
▲このページの先頭へ戻る